【牛(うし)】 どうぶつ.jp
偶蹄目ウシ科の哺乳類。ヨーロッパなどに分布していた野生の原種(オーロックス)は絶滅し,家畜化されたものだけが現存する。 家畜としては,ヨーロッパ系の品種とアジア系の品種(インド牛,ゼブ)の二系統に大別される。 (出典:大辞林 第二版 三省堂)

動物の名前わかりますか?

うし
正解は写真をクリック

ウシ - Wikipedia
ウシ(牛)は、哺乳綱ウシ目(偶蹄目)ウシ科ウシ亜科の動物。 野生のオーロックス(絶滅)をもとにして、新石器時代に西アジアで家畜化されたと考えられる。 家畜化の過程で、世界各地でさまざまな品種が生じて、姿形もかなり異なるようになった。 この点は、家畜化されたイヌと同様である。

牛の種類
牛トレーサビリティ制度では牛の種別を11に分類しています。 乳用種は搾乳を目的に飼う品種の総称、 肉専用種は牛肉の生産を目的に飼う品種の総称で、 血統登録など書類で特定の品種等に区分できることを確認できる場合は、 ホルスタイン種、黒毛和種などに分類されます。


本サイトはリンクフリーです。 リンクするときは <a href="http://xn--p8j0cn7c.jp/">どうぶつ.jp</a> でリンクしてください。
©2004-2016 日本教育コンピューター(株) プライバシーポリシー・リンク・免責事項 お問合わせ